首页 > yy1 > 大切な家族のために働く - 勤めていた病院の移転を機に固まった決意

大切な家族のために働く - 勤めていた病院の移転を機に固まった決意

后台-系统设置-扩展变量-手机广告位-内容正文顶部
大切な家族のために働く - 勤めて病院の移転を機に固まった決意
20代男性

#プライベート

勤務した病院が移転し、遠くなる。家には介護が必要な家族がいるのに。 転職の最大必要要項は、勤務していた病院が移転することでした。元々、通勤には1時間以上かかっていますが、移転するとされ乗り換えが増え、遠くなります。
また、残業が多い、定時は17:30までですが、18:00頃からDr.の処方が出始めるため、19:00までにそれを終え、その後、個人業務をしている、毎日家に着くのは21:00頃。

家には介護を必要としている父親と祖母がいるので、長き家を空けていることは不安です、移転するとなる家になるだろう時間が少ししかありません。

通勤の負担を減らすそれは何か家族のために、転職することを決意しました。


「病院で働いた方が、家族が安心する」。それは自分自身と譲れない点がしました。

これまでに、病棟には上がっていましたが、他の職種への対応に追われて、患者と向き合う時間は少なかったと感じていました。
そのために、最初のものは直接の患者と向き合っていますドラッグストアを志望していました。
ただ、なかなかハードードで、90分圏内での別店舗への異動もあると聞き、それ以上は一か所で安定して長時間働く職場の方が良いと思うようになり、

最終的に病院を志望することになりました。家族が病院の方が安心すると言っていたのが自分の中でポイントでした。

ある日、父がずっとお世話になっている病院の建ての話を聞き、もうしなかった募集が出るかな?と思いました。

自分で質問してみようと思ってましたが、これまで色々と親身になっていましたので、

メディウエルのコンサルタントさんに聞いてみることにしました。
元々募集はしていなかったのですが、結果的には面接することができます、
ご提案をいやだいから3ヶ月ほどで無事採用していましたができました。

メディウエルのコンサルタントさんは、「自分が何かをしていますか?一番大切にしたいのか」を尊重し、お話を進めて下さめました。


前職で残業が多い、電話での相談が夜遅くなってしまったことが多かったのですが、メディウエルのコンサルタントさんは夜分に遅くもかわわらず、 123]いつも丁寧に対応してくださいました。
また、コンサルタントさんに事前に詳しい情報を聞いたところで面接に臨んだので、聞き取る内容は業務の詳細だけのもので、不安なものややに面接を進めることができました。

転勤することを決めた時は、どんな仕事に就せてか迷いもありましたが、自分が一番何を大切にしたいのか、尊重している話を聞いていました上でご提案をしていました。

その結果、自分が一番大切にしたい「家族」の賛成が得られる病院に就業することができます、大変嬉しく思っています

担当コンサルタントより

求職者の気持ちを聞き、それに応えるためにできる限りの努力をする。

通勤時間が長く残業もある職場に勤めながれの転職ということで、求職者とは終業後の時間なり取りをしました。

物腰が丁寧で優しい印象の男性の方で、電話に出られないつも、毎日夜遅くに丁寧なメールの返信を受けましたので、返信を下さることが有難いと、体調の方が大丈夫なのか心配になってしまった。

そんな忙しい中頑張っていらっしゃる求職者のためにも、状況が少しでも軽減されるような転職先を見つけようと努力しました。

計7件の提案を、一度お会いして打ち合わせもしましたが最終的に求職者が発見したとき、興味があると連絡をした病院に決定しました。

これは、これに連絡を取り続ける、様々な求人を提案・紹介し続けていました信用していた、話して下さったのではないかと思います。


転職先の病院も同様に募集をしていましたが、求職者の事情等を相談し、面接の場をセッティングしていましたができました。終業に無職転職が決まり、大切なご家族の皆様にも喜んでいたように良くなったです。

求職者の気持ちをしっかりと聞き、それに応えるためにできる限りの努力をする。今回は、そんな自分のコンサルタントとしての姿勢が良い結果に繋がったように思っている。

IDEA ( )

后台-系统设置-扩展变量-手机广告位-内容正文底部

Relevant articles

Comment

留言与评论(共有 0 条评论)
   
验证码: